妊娠・出産

妊娠線はいつからできる?予防方法や時期、できてしまった時のケアは?

投稿日:

妊娠しておなかがふっくらしてきたら気になり始めるのが妊娠線。今回は妊娠線の予防方法や予防を始める時期、できてしまった時のケアについてご紹介します。


スポンサーリンク

妊娠線ができる原因

妊娠線は、妊娠時などの急激な体型の変化で皮膚が伸び、裂けてしまうことで起こります。

皮膚は、表皮真皮皮下組織からできていて、表皮はある程度伸びることができるので体の変化に対応できますが、その下の真皮皮下組織の一部は伸びにくいため、変化に耐えきれず亀裂が生じてしまいます。

また、お腹だけでなく太ももお尻などにできることもあります。

妊娠線の予防方法

妊娠線の主な予防方法は、保湿です。

肌が乾燥すると、柔軟性が低下して、体型の変化に皮膚の伸びがついていけずに、亀裂が起こりやすくなります。

保湿ケア用品を使って、肌の潤いを保てば、皮膚が柔らかい状態になり、体型の変化に合わせて伸びることができるため、亀裂が入りづらくなります。

お腹だけでなく、胸や太もも、お尻など全身の保湿を行いましょう。夏でもたっぷり保湿で!

また、体重が急激に増えないように体重管理をすることも予防になります。


スポンサーリンク

妊娠線の予防時期

お腹がふっくらしてくる4~5ケ月頃までには始めるようにしましょう。

臨月は特に妊娠線ができやすいので、疲れてくる時期ですが、ケアを怠らないように注意しましょう。

また、出産後も胸が張ったりすることが妊娠線に繋がることもありますので、産後のケアも忘れずに行いましょう。

妊娠線ができてしまったら

一度できてしまうと完全には消せませんが、マッサージクリームレーザー等で目立ちにくくする方法はあります。

そういえば、ママ友や嫁ちゃんの妹がおすすめしていたクリームがあったので、次の記事で紹介しますね(^^)

最後にパパ目線

妊娠線は赤ちゃんを産んだママの証明?みたいに思っていたので、僕からしたら、妊娠線があっても何とも思わないんですけどね・・・

ただ、色んなママの話を聞くと、妊娠線の痕は気になるみたいだし、嫁ちゃんに聞いてみたら、

「できちゃったらしょうがないけど、できないほうが良いっちゃ良い!」

ってことで、嫁ちゃんが実際に使ったクリームパパにもできる妊娠線予防の話へ続きます・・・

妊娠線ができなかった万能クリームとパパの妊娠線予防の話?

嫁ちゃんに妊娠線はできたのか!?・・・ってタイトルで分かっちゃいますね(*´ー`)


スポンサーリンク

-妊娠・出産

Copyright© くろもりの育児日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.